本ページはプロモーションが含まれています

長居植物園の紫陽花2024の見頃の混雑は?駐車場やアクセス方法も!

長居植物園の紫陽花2023の見頃の混雑は?駐車場やアクセス方法も! イベント

長居植物園の紫陽花の見頃の時期と混雑についてご紹介します。

長居植物園では紫陽花が咲く小径、木々が立ち並ぶなかに彩りを添える紫陽花、自然あふれる山に流れる渓流を思わせる小川と、まるで絵画のような風景が広がっています。

長居植物園に咲く紫陽花はなんと約1万本。人気のアナベル、ジョウガサキ、カシワバアジサイに隅田の花火など、見ごたえある紫陽花も咲いています。

印象派の絵画を思わせる幻想的な風景にくぎ付けになりますよ。

また、あじさいの花を浮かべた花手水もあります。バラではなく紫陽花なのは珍しいですね。

紫陽花が満喫できる長居植物園では、紫陽花の見頃にあじさいフェアが開催されます。
おすすめは紫陽花の金平糖。金平糖の一つ一つを紫陽花の小花に見立てた形がとってもかわいい。

このような長居植物園の紫陽花をあじさいフェアはたくさんの人が訪れる人気のイベント。気になるのが混雑状況ですよね。
そこで今回は、 長居植物園の紫陽花とあじさいフェアの混雑状況について調査しました。

混雑回避方法やアクセス方法についても紹介していきます。

長居植物園の周辺の宿泊先はこちらから予約できます!
>>長居植物園周辺の宿泊先のランキングを見てみる

結論から言うと・・・
混雑状況は、休日の昼間はそこそこ混雑しますのでご注意下さい。
見頃の時期は、6月中旬がおすすめ!!

スポンサーリンク

長居植物園の紫陽花2024の見頃と混雑状況は?

長居植物園の紫陽花2023の見頃と混雑状況は?

長居植物園の紫陽花 の開催期間や開催時間はこちらです!

過去の情報を掲載していますー詳細が分かり次第更新の予定

開催期間 2024年5月25日(土)~6月23日(日)
開催時間 9:30~17:00(16:30までに入園)
開催場所 長居植物園
入場料
(有料/無料)
大人:200円
中学生以下無料
大阪市内在住の65歳以上無料

長居植物園の紫陽花の見頃はいつからいつまで

長居植物園の紫陽花の見頃はいつからいつまで

長居植物園の紫陽花の開花は5月末そして7月の上旬まで紫陽花の花を観賞することができます。

紫陽花の見頃は6月上旬から6月下旬。

なかでも、6月中旬には多くの品種の紫陽花が満開を迎えるのでおすすめです。

2023年の紫陽花の開花状況は6月2日はまだ咲き始め。満開を迎える見頃はまだ先のようです。

満開のあじさいが咲き誇る絵画のような風景を見るなら6月中旬、それも雨上がりが最高ですよ。

雨が似合う花といえば紫陽花。雨と紫陽花は黄金の組み合わせですね。

紫陽花も見頃は、アジサイフェアの日とも重なります。

来園記念のスタンプを集めて紫陽花ポストカードをゲットしたり紫陽花の金平糖をお土産に買うなども楽しめますね。

長居植物園の紫陽花の混雑状況は?

長居植物園の紫陽花の混雑状況は?

長居植物園の紫陽花は、あじさい園の風景が素晴らしいのとあじさいフェアのお祭りがあるので毎年たくさんの人が訪れる人気のイベントです。

そのため、イベント開催中は普段よりも混雑しまが、長居植物園のあじさい園はそれほど混雑しません。

というのも、あじさい園での過ごし方は、アジサイが咲き誇る小径を散策したり、山間の木々や渓流、紫陽花が織りなす風景を立ち止まって鑑賞するというもの。

だから、紫陽花の見頃で満開を迎えた時期でも、身動きができないほど混雑するということはありません。

しかし、まるで印象派の絵画のような紫陽花の風景には、多くの人が目に入るとその感動も半減してしまいますよね。

来園者が少ない空いている時の方が、より自然の中のアジサイを満喫できるのではないでしょうか。

長居植物園では、天気のいい土日の昼間は、大阪市内にある数少ない自然に恵まれた場所なので人が多くなります。

さらに、あじさいフェアのお祭り開催期間は、紫陽花の鑑賞を目当てとした来園者も増えます。
他のイベントが行われているときも同じ。

また、長居植物園がある大阪市内では土日祝日などの休日は、大阪市内の道路が各地に遊びに行く人達でいつも混雑します。

長居植物園の紫陽花が咲くあじさい園の混雑状況をまとめると、

  • 平日より土日が混雑
  • 混雑する時間帯は11時から14時ごろ。
  • 休日は周辺の道路が混雑
  • 天気のいい日は来園者が多め
  • イベント開催日の時間帯は混雑

長居植物園の紫陽花 は混雑しやすいので、行かれる際には時間に余裕を持って行ってくださいね 。

長居植物園の紫陽花2023の混雑回避方法

長居植物園の紫陽花2023の混雑回避方法

長居植物園のあじさい園とあじさいフェアの混雑を少しでも回避するためにはどうしたらいいのか紹介します!

植物園はあじさいフェアを含めたお祭りイベントは休日をメインに行われます。

イベントの開催日時間帯は混雑するのでその時は避けましょう。

長居植物園は大都市の大阪市にあるので、土日祝日の休日は周辺の道路や駐車場も混雑します。

長居植物園で紫陽花を鑑賞するなら開園と同時の早い時間帯がおすすめ。

また、長居植物園の混雑は、あじさい園が屋外にあるので天気にも左右されます。

混雑しやすい休日の昼間でも、天気が悪い雨の日は混雑が緩和される傾向があります。

紫陽花は雨がぴったりな花なのでむしろ雨の日を狙ってアジサイを見に行くのもありですね。

以上から、

  • 土日祝日などの休日より平日が混雑しない
  • 休日の昼間11時から14時を避ける
  • 休日の雨の日は狙い目
  • イベントやフェア、お祭り開催日、時間帯を避ける

を狙って行くと、混雑をあまり気にすることなく 長居植物園で紫陽花を楽しむことができそうです ♪

長居植物園の紫陽花の駐車場やアクセス方法

長居植物園の紫陽花 のアクセス方法を紹介します。

【場所】大阪府大阪市東住吉区長居公園1-23

最寄り駅 OsakaMetro御堂筋線「長居」駅
近鉄南大阪線「針中野」駅
JR阪和線「長居」駅「鶴ヶ丘」駅
電車での
アクセス
OsakaMetro御堂筋線「長居」駅下車、徒歩約10分(800m)
近鉄南大阪線「針中野」駅下車、徒歩約11分(約1600m)
JR阪和線「長居」駅下車、徒歩約13分(1000m)
JR阪和線「鶴ヶ丘」駅下車 徒歩約14分
バス/徒歩 徒歩
タクシー利用 最寄り駅からタクシー利用
車でのアクセス 阪神高速14号松原線駒川出口から(大阪北部方面)
阪神高速14号松原線文の里出口から(大阪南部方面)
駐車場
(無料/有料)
有料駐車場あり
長居公園南駐車場286台駐車料金は普通車1台
月から金曜日60分350円、当日最大1000円(24hまで)
土日祝日30分300円、当日最大2000円(24hまで)

長居植物園は最寄り駅から徒歩で15分とアクセス抜群。

最寄り駅が大阪メトロに近鉄 JR と複数の鉄道会社の駅があるので便利ですね。

車での来園も便利ですが、休日は大阪の高速道路やした道が混む傾向にあり、駐車場に駐車できる車の台数も限りがあります。

道路の渋滞や駐車場の満車を考えると、長居植物園には電車で行くのがおすすめです。

また、長居植物園も休日のイベントが開催される時は混雑します。

あじさい園のイベントはあじさいフェアの期間にわたって行われるイベントが多いのでむしろ混雑するイベントがないときを狙いましょう。

長居植物園の紫陽花 周辺の宿泊先はこちらから予約できます!
>>長居植物園の宿泊先の口コミを見てみる

長居植物園の紫陽花2024の見頃の混雑は?まとめ

長居植物園の紫陽花 の混雑状況について紹介しました。

口コミを調べてみたところ、 長居植物園の紫陽花は混雑する場合があることが分かりました。

特に、休日は混雑しやすく、フェアやお祭り開催時はさらに混雑しやすいので、この時期に行かれる場合は時間に余裕を持って行った方が良さそうです。

混雑を避けたいなら 休日の雨の日や朝早く、または平日がおすすめです!

長居植物園の紫陽花 周辺の宿泊先はこちらから予約できます!
>>長居植物園の宿泊先のランキングを見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました