する旅めぐり

日本国内や海外の旅行を通して、不思議おもしろ体験や知っトク情報を紹介します。

する旅めぐり
Pocket
LINEで送る

京都嵐山は天気で服装を決める!季節によって観光を3倍楽しむ方法

2017年04月09日 [ 京都 嵐山 服装 ]
Pocket
LINEで送る

京都嵐山は天気で服装を決める!季節によって観光を3倍楽しむ方法

 

桜や新緑、紅葉と

四季に応じて姿を変える山々。

川のせせらぎ。

竹の美しさが極まる竹林の道。

 

京都嵐山は、

自然の美しさだけでも、

十分に満喫できる絶景ポイントです。

 

せっかくの京都嵐山の観光、

快適に過ごせるといいですよね。

 

嵐山に何十回と訪れたことがある、

嵐山大好きな私が、

天気に合った服装の選び方を紹介します。

 

[ad#ads]

 

京都嵐山は天気で服装を決める!季節によって観光を3倍楽しむ方法

その1:嵐山の天気

 

京都の西京エリアにある嵐山。

天気は京都市内とほとんど変わりません。

 

しかし、山の麓に位置することから、

天気が変わりやすいことも。

 

春や秋のように、

季節的に天気が変わりやすい時期は、

要注意です。

 

折傘を持っていると安心ですね。

 

京都嵐山は天気で服装を決める!季節によって観光を3倍楽しむ方法

その2:嵐山の気温

 

嵐山は、京都市の中心部の外れにあり、

美しい山々に囲まれています。

 

だからこそ、

朝早くや陽が沈む頃は、

京都市内よりも肌寒く感じます。

 

陽が雲に隠れてしまうときも同じ。

 

特に春や秋は、

天気が変わりやすい上に、

大阪の自宅周辺よりもかなり寒く感じました。

 

寒く感じたときに、

服の上からはおれるように、

上着を用意しておきましょう。

 

京都嵐山は天気で服装を決める!季節によって観光を3倍楽しむ方法

その3:嵐山を散策するための服装

 

嵐山の散策は、

自然の景観を楽しむことと、

由緒ある個性的な寺院を訪れることが、

大きな楽しみの1つです。

 

そして、その散策は、

「今日はたくさん歩いたな」

「ちょっと足が疲れたな」

と思うほどの距離があるコースです。

 

だからこそ、

靴は履きなれた靴を選ぶこと。

 

せっかくの嵐山の旅行なのに

履きなれない靴を履いてきたことで、

靴擦れや、足のトラブルが起きると

楽しみも半減ですね。

 

また、嵐山を徒歩で散策していると、

距離が長いこともあり、

体が温まってきます。

 

そうしたときに、

脱ぐことができる上着を着ていると

便利ですね。

 

雲で太陽が隠れたときなどは、

気温が下がります。

そんなときにも、羽織れる上着は便利です。

 

そして、一番大切なことが、

動きやすい服装です。

 

嵐山は徒歩で散策するなら、

ウォーキングを満喫できるほどの

距離があります。

 

動きやすい服装であれば、

ウォーキングも快適に楽しめますね。

 

[ad#ads]

 

京都嵐山は天気で服装を決める!季節によって観光を3倍楽しむ方法

その4:季節によって散策コースを決める

 

春は桜、秋は紅葉と、

季節によって、

見応えのある絶景ポイントが違います。

 

そして、その場所は、

 

むちゃくちゃ混みます。

 

最近は、

外国人観光客が増えたこともあり、

混み具合がシャレになりません。

 

昔の嵐山を知っている私としては、

驚くばかりです。

 

京都嵐山の風情は、

混んでいないときこそ感じられる。

そんな場所が多くあります。

 

だからこそ、

人が混まない時間帯を狙いたい

 

朝早くや、昼食時間、

晩御飯の時間帯・・・

 

いわゆる、

食事処に行列ができる

時間帯でしょうか。

 

この時間帯を狙って、

混んでいないときこそ

満喫したい場所を

訪れることをおすすめします。

 

とはいえ、

竹のトンネルである竹林の道は、

いつ行っても混んでいます。

 

春や秋といった

人気の季節を避ければ

気持ちましなのですが。

 

空いているのを狙って

平日に嵐山を

訪れたことがあるのですが、

 

平日昼間になんでこんなに人がいるの!!

 

と驚くほどの人々がいました。

 

嵐山の人気を喜ぶべきか、

嵐山の風情を満喫できないと

悲しむべきか。

 

悩みどころですね。

 

京都嵐山は天気で服装を決める!季節によって観光を3倍楽しむ方法

その5:管理人より

 

京都嵐山を訪れるときの服装や、

散策コースの決め方を

ご紹介しました。

 

何だか、遠足の注意事項のように

なってしまいましたが・・・

 

私は嵐山にいって服装で後悔するのは

いつも秋です。

 

春は、寒い冬から暖かくなるので、

寒くても大丈夫な服を選びます。

 

しかし、秋は暑い夏から

涼しくなるので、

つい薄着を選んでしまうのです。

 

そして、嵐山で震えることになります。

 

私のような体験をすることがないように

この記事を参考にしてくださいね。

 

[ad#ads]

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です